Home » 政治・外交・国際 » 裁量労働制って今頃いわれても…私の残業代かえしてくれ~

裁量労働制って今頃いわれても…私の残業代かえしてくれ~

官僚の単純ミスか、故意のしわざか、それとも、単に政治家をなめていただけなのか。優秀な霞ヶ関官僚が、こんな単純な誤りを犯すとは思えないので、意図はわからないが、多分に都合の良いデータをくみ上げたのだろう。

それはさておき、私には、どうにも腑に落ちないことがある。残業代をつけないというのは、はるか昔から行われてきたはずだが…
今から30年以上も前、20代の終わりには私は管理職にされた。いわゆる名ばかりかどうかはわからないが、それが残業代節約の目的であった事は、当時から認識していた。以来リタイヤまで、私は残業代をもらったことが無い。外資を含め、二桁にも成る会社の移動をしてきたが、その事は変わらなかった。

当然、部下の方が、年収ベースで私より上というのはざらにあり、いつもその数字を見ながら頭にきていた物である。が、管理職だけで無く、当時から営業職は営業手当が付く代わりに残業代は付かなかった。ただ、営業職には特権が与えられていた。それは直行直帰の権利である。いうまでもなく、直行とは朝会社に寄らずに直接客先などに行く事、直帰は会社に戻らずに直接帰宅することである。営業職以外は、そのいずれかを一日に出来る事になっていたが、営業は直行直帰が認められていた。つまり、一日会社に来なくてもかまわないわけだ。

さらにフレックス制なども、渡り歩いた会社の中には存在していた。これは、出社時間を自由に決められるもので、午後から来て夜帰ってもかまわないというもの。これも残業代とからむ。一日8時間以上勤務すれば、その分は残業と見なされる会社もあれば、残業が付かない会社もある(こういう会社は経験したことは無いが)。ただ、ある外資系会社の時には、これがあまりにもひどくなったため、コアタイムが設けられたことがある。あまりにも出社時間がばらばらで、会議ができなくなってしまったのである。そこで、いわゆるコアタイムという、会社にいなさいという時間帯が設けられた。いずれにせよ、フレックス制は残業代節約の目的もある。

残業代とは全く無縁なサラリーマン生活を送った私は、時代の先端をいっていたのか?それとも、単に騙されていただけなのか…。正直、今頃こんな裁量労働制の話が騒がれること自体がよくわからない。それだけ、日本の産業界は遅れてていたと言うことなのだろうか。

とにかく従業員の賃金コストを下げた地と考えるだけの今の経営者が、裁量性拡大に大賛成なのはよくわかる。その意味では、私は批判的な立場であるが、管理職としては、別の問題も見てきた。それは、無駄な残業であ

ある会社において、部下の一人が月に200時間を越える残業をしていた。月に200時間というのは、土日の休みに出勤するだけでは無く、平日も10時過ぎまで残業したり、さらには徹夜までしてようやく達成可能な時間なのである。人事部と一緒になって、この残業をやめさせるのに、相当な期間を費やした。その間、彼は給与より残業代の方がはるかに多いという状態が続いていた。

結局は、もっと社会全体の有り様を変える方向性がとられない限り、効率化もサービス残業も共に改善されないのである。

平成30年2月25日(日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*